デザインの幅が広い横向きの名刺

名刺 デザイン

デザインの幅が広い横向きの名刺

名刺 デザインについて

日本語は、縦書きにも横書きにもすることができるので、名刺にも縦向きのものと横向きのものとがあります。
一昔前は、縦向きのものが多かったのですが、現在では横向きのものの方が多くなっています。
名刺入れには向きをそろえて入れることになるため、縦向きや横向きのものが混ざっている状態では、出す際のチェックの手間が増えることになります。
したがって、わかりやすくするために新しく作成される名刺の90%が横向きになっているのです。
また、横向きだとデザインの幅が一層広がることになります。
縦書きよりも文字をコンパクトにまとめやすいため、空白スペースを作りやすく、その分デザインにこだわることができるのです。
なぜコンパクトにまとめることができるかというと、電話番号やメールアドレスを半角英数字で記載することができるからです。
半角英数字は漢数字よりもサイズが小さいですし、なおかつ読みやすいです。
また、昨今では英語表記のビジネス名刺も増えています。
英語の場合は当然横書きとなるので、そのため横向きのものが多く作成されるようになっているのです。

名刺印刷

東京オリンピックに向けた投資先の一つ
COINCHECK取引所の飲食店等がますます増えていくことから、チャンスがかなり大きいと言えるのではないでしょうか。

動画を使った広告を
SMSを活用した動画配信サービスを行います

レストランや居酒屋、ホテルで大活躍!!
飲食業界専門の人材派遣サービスはこちら。

関連情報

デザインにこだわったネットでの名刺の印刷注文

最近ではインターネットで名刺印刷の注文を行うケースが増えています。
その場合には料金が割安な業

名刺のデザインで第一印象が決まる

名刺は今や仕事だけではなく、友達同士や女子会、お見合いパーティーなどでも交換される人気のアイテムです

名刺のデザインはどんなものがいいのだろうか

名刺はビジネスマンならみんな持っているアイテムです。
初対面の商談相手とはまず名刺の交換から始

情報一覧